日記系.jp 日記専門ブログ/モブログサービス
by
Cyberz Inc.
日記系.jpでショッピング[PR]
とりあえず系(76)
元気系(61)
いやし系(86)
恋愛系(27)
バカップル系(3)
子育て系(6)
ペット系(54)
グルメ系(23)
ダイエット系(1)
自慢系(11)
グチ系(32)
オシゴト系(152)
観察系(21)
旅行系(14)
釣り系(1)
映画系(7)
音楽系(27)
スポーツ系(26)
ゲーム系(33)
アニマン系(5)
ちとエエ話系(73)
今日の一句系(1)
ポエマー系(9)
小説系(1)
秘密系(8)
社会派系(14)
不幸系(20)
闘病系(12)
オトナ系(19)
ご訪問あ...
愛魚の近...
いま、一...
ほんのわ...
我が家の...
またして...
希望とい...
ああ、明...
ヒマなヤ...
僕は、飽...
「でろで...
愛魚近影
いつのま...
愛魚近影(F...
「何故」
森進一…
みんなの検索
ジャンル
であい.COMから日記転送
  日記系.管理人[10/19]
 にんざぶろうのまたたび日記。
  ナビゲーター[1/9]
 彩花火ナビ・ビ・ビ・ビ
  Cyberz提供[12/24]
 社長ブログ
  大人買いドドン[4/20]
 大人買いでドドン
 使い方と注意点
 よくある質問
 利用規約

 高野博善(マリオ高野)さんの日記「紙一重」
高野博善(マリオ高野)
高野博善(マリオ高野)とりあえず系元気系いやし系恋愛系バカップル系子育て系ペット系
グルメ系ダイエット系自慢系グチ系オシゴト系観察系旅行系
釣り系映画系音楽系スポーツ系ゲーム系アニマン系ちとエエ話系
今日の一句系ポエマー系小説系秘密系社会派系不幸系闘病系
オトナ系
RSS RSS2.0 Podcasting
ATOM OPML Vodcasting
KML
◆44才 1973(昭和48)年6月24日(蟹座) A型 川口近辺在住 目黒/世田谷/杉並区勤務 東大阪近辺出身 自営/フリーランス 高校(普通課程)卒 年収 100円以上 不定期休み 家族と同居 独身 長男 ◆離婚経験無し ◆子供無し 車有り お酒を飲める 喫煙しない 165cm 59kg /普通体型 /B 90cm W 78cm H 88cm 黒髪 黒目 黄肌 ライオンズファン ギャンブルしない
◆趣味・興味: 書籍/雑誌, グルメ/食べ歩き, 酒/ワイン, アウトドア, インドア, 国内旅行
作家QRコード
作家QR
 コード 
大きなことはできません。 小さなことからコツコツと。
 
2018年4月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
     

→最初の日記
→全部で823日記

紙一重スポーツ系日記
クルマの撮影って、実はけっこう体を張った命がけなことをやってるんですよ。

特にクルマが走ってる写真を撮る時には、時としてアクロバティックな状態になることがある。

サーキットでの限界走行! なんかは実は意外に安全だったりします。

プロフェッショナルなドライバーが一般車の居ない占有コースを走るワケですからね。
見晴らしはいいし、ヘルメットも被ってるし。


問題は一般道での撮影です。

たとえば、3台のクルマが並んで走ってるこの写真。

写真で見る限りでは3台はそれほど極端に接近してるようには見えないかも知れませんが、実際には各車それぞれ何10センチという単位の距離にまで近づいています。

撮り方にもよりますが、これ以上離れてしまうと、
なんだか間延びした絵になってしまうんです。
だから、後ろの黄色いクルマ(アウディTT)を運転してる人は自分の技術の限界を超えない範囲で必死で左前のクルマ(BMW Z4)に接近しながら追走します。
この画像では切れてしまってますがBMWの右側にはポルシェが走っており、
さらに、その前にはカメラマンを乗せたクルマが走っているのです。
カメラ・カーもまた、可能な限り被写体のクルマに接近している。

要するに合計4台のクルマが数珠つなぎになって走ってるワケなんですね。
先頭のクルマのカメラマンは窓から体を乗り出したり、ハッチゲートを開いて荷室に乗り込んだりしてシャッターを切ります。
低めのアングルの方が道路がビャーっと流れた絵になって迫力が増すため、時には地面スレスレにまで身を乗り出して撮ることもあります。

カメラ・カーの直後を走っていると、
「万が一カメラマンが落ちたら、次の瞬間には俺が轢き殺すことになるな」
ってことをいつも思います。

滅茶苦茶なスピードを出したりはしませんが、
あまり遅いとスピード感のない絵になってしまうので、可能な限り速く、最低でも70~80km/hぐらいは出さなくてはなりません。

しかも、被写体の3台が縦に並んでいたのでは後ろのクルマの姿が入らないので、後続のクルマはそれぞれ交互に左右に広がらなくてはならない。

場合によっては、後ろのクルマは対向車線にはみ出さなくてはならない時もある。
実際、この写真のBMWは思いっきりセンターラインを跨いでいます。

対向車が来るかも知れない。

思いがけない障害物があって、前を走ってるクルマが急ブレーキを踏むかも知れない。

そんな事態と出くわしても一瞬で対処できるよう、全神経を集中して運転します。一歩間違えたら大惨事になって人生終わりますから。
だからクーラーかけてても汗かきます。ある意味スポーツといってもいい。

この写真は前の会社で作ってた雑誌で撮った写真なんですが、
わかりやすい例として挙げさせて頂きました。
場所は箱根ターンパイクの下り。
ほとんど一車線ばかりの先の見えないブラインドコーナーがつづら折りに続く道を下っている場面です。
難易度と危険度の高い撮影でした。
今、こうして思い出すだけでも手に汗握ります。

そんな感じで、一般道での撮影はリスクだらけでの中、敢行しています。
安全を第一としながらも、しかしそれでも少しでもいい写真を撮るために危険な領域に足を踏み入れてしまうんですよね。

だからこそ、誌面ができた時の喜びもまたひとしおなんですけどね。

そんな極限状態の中で乗ると、逆説的に安全についてのことを考えたりします。

こういう撮影をしていてヒヤッ!っとした時に思い通りに動いてくれるクルマは、
どんな状況でも能動的な安全性が高いといえますね。

その意味では、アウディTTクーペの3.2クアトロはすんごく好きなクルマのひとつです。

デビューした当初は高速での走行安定性の悪さによる事故が多発して問題になりましたが、
そのおかげですこぶるコントロール性のいいクルマに改良されたようです。
山道を飛ばす分にはポルシェ(ボクスター)よりもいい汗かけましたから。俺みたいな下手クソが飛ばすにはちょうどいい感じ。

おまけにDSGと呼ばれるセミオートマの出来が素晴らしくイイ。
これに乗った後では、どんなオートマもゴミに思える。
オートマ大っキライなMTオタクの私をもってして、
この世で唯一欲しくなったオートマでした。

明日は久々にメーカーがセッティングしてくれた試乗会に参加してきます。
まぁ、明日はヤバイ系の撮影はしませんけどね。
場所が幕張という市街地ですから。

そして明後日からは今月2回目の名古屋行き。

1日が50時間ぐらいにならへんやろか…
紙一重
   川口近辺にて
2005・1・27  Thu
つながり >1 ...つながり >1 >2 >3 ...日記QRコード
つながってる???アイテム
不都合な真実
不都合な真実 (書籍/雑誌)
ウケタ
0
泣けた
0
感動した
0
がんばった
0
勇気付けられた
0
萌えた
0




[ 利用規約 | 質問(Q&A)・お問合せ | プライバシーポリシー | 設定変更 | 広告掲載 ]
cyberz.jpCONOE.netであい.COMLn.jpHITCHART.COM
Cyberz Inc.Cyberz Community PlatformERIKOdareMITERUVCastEngine
Copyright(c) 2004-2009 Cyberz Inc. Allrights reserved.
日記系.jp」はサイバーズ株式会社が提供しています